うちの子、かなりのビビりです

幼稚園に通っていた小さい頃は「大きくなったら虫博士になるんだ」なんて言っていたのに。カブトムシを自由に触れる催しなどがあると、喜んで触っていたのに。
うちの子、虫が飛んでくるとかなりびびります。小さなショウジョウバエでも、蚊でも。視界に入ると、びくっとして避けようとします。
小学校3年生の時、学校の朝礼の時に蜂に刺されてからすっかり虫が嫌いになってしまったようです。
一緒に外出した帰り、自転車に乗っていたら信号待ちで自転車を止め、私と何かを話していた時、ひゅっと息子の頭の横を何かが飛んでいきました。雀でした。「虫じゃないよ」と私が言っても、びびっている様子で首をすくめていて、信号が青になったら慌てて家まで自転車のスピードを上げて帰りました。
男の子だから、家にゴキブリが出たらやっつけてもらえると思いきや、大間違い。その時は私がやっつけないといけないのね。。

友人と知的障害者施設にボランティアに行く

先日は専門学校時代の友人と近隣にある知的障害者施設にボランティアに行ってきました。そして、午前中は手芸の手伝いをしました。利用者様はマフラーやセーターを上手に編まれていました。ちなみにマフラーやセーターは後日、施設が主催するバザーに出品して売り上げは利用者様に還元される仕組みです。
午後からは外出行事があったので私と友人は利用者様の付き添いで参加しました。外出先は近隣の公園でした。公園では散歩をしたりレクリエーションでクイズをしたり楽しい時間を過ごしました。私は45歳の男性利用者様の付き添いをしましたが散歩をしながら息子や孫の事を楽しそうに話してくれました。近隣の公園では4時間ほど過ごしてから施設に戻りました。

息子の誕生日に鉄道博物館に行きました

私には息子が一人います。この前、誕生日を迎えて三歳になりました。息子は最近お兄ちゃんらしくなってきて、いろいろ一人で出来ることも増えてきました。最近では新幹線や電車に興味を持ってきたので、誕生日には鉄道博物館に連れて行ってあげました。
私も鉄道博物館には初めて行ったのですが、鉄道がいくつも展示されていて息子も喜んでいました。実際に鉄道の中も入れたので、ゆっくり見てきました。息子も鉄道には興味津々でいろいろ見て回りました。
息子は電車の名前や新幹線の名前も覚えてきました。やはり子どもが興味を持ったものは、それを伸ばしてあげたいなぁと思いました。誕生日プレゼントとして、新幹線のおもちゃを買ってあげました。鉄道博物館で楽しめて良かったです。

『河童の三平妖怪大作戦』第24話

『河童の三平妖怪大作戦』の24話を見ました。前回母親がいる村がわかったという話だったんですけど、またどこにいるのかわからないということになっていますね。シナリオに一貫性が無いです。腹が減っていたせいなのか、六兵衛さんがいつもよりお調子者になっていました。しかし、六兵衛さんの女装は流石に無理があると思います。半獣仙人は騙されていましたけど。
半獣仙人を演じていたのは、東映特撮の名悪役、安藤三男さんでした。イタチ男がお供え物を食ったのが元凶であって、半獣仙人に非は無いと思うのですが、退治してしまって良かったんでしょうかね。曲がりなりにも村人にとっては信仰の対象だったのですが。
ついでに言うと、イタチ男がいなくても六兵衛さんのせいで半獣仙人の怒りを買っていたでしょうね。

近所の子供が鈴虫を飼いだしました

私は自宅周辺の近所は両親が昔からの付き合いがある為に今でも近所の人達と交流があるので、私も近所の人とは顔見知りになっているのでお互いに近所の出来事に関心があります。
3日前に私と兄で近所のディスカウントショップで安く売られていた鈴虫を購入して飼いだした所泣き声からすぐに明くる日に近所のおばさんに気づかれてしまいました。そして小学生の子供が来て鈴虫すごくいいとかなり喜んで見ていました。
鳴いた時がとても驚いていたりエサで置いているきゅうりを食べている光景をずっと見ていました。15分くらいした後に母親がおやつの時間なので呼んで帰宅して行きました。2日後に私が朝方のゴミだしでその近所の家を通りかかったら鈴虫の鳴き声が聞こえてきました。
私の家からではなくまぎれもなく見せた子供の家から鳴いているので同じように飼いだしたんだと思います。かなり興味をしめしていたので買ってくれてよかったねと心で思いました。